标签关键词

关于 千与千寻 的文章共有2条

日系和风

いつも何度でも「千と千尋の神隠し」 主題歌

阅读(143) 评论(1)

《いつも何度でも》是竹仲絵里的音乐作品,由觉和歌子作词,木村弓作曲,竹仲絵里翻唱,收录在竹仲絵里2011年2月3日发行的《记忆の森のジブリ》专辑中歌曲歌词いつも何度でも-竹仲絵里呼んでいる 胸のどこか奥で心灵深处的某个地方一直在呼唤いつも心跃る 梦を见たい一直做着令人心动的梦かなしみは 数えきれないけれど悲伤虽然无法尽数その向こうできっと あなたに会える但站在它的对面就一定能与你相遇缲り返すあやまちの そのたび ひとは每次重蹈覆辙时人总是ただ青い空の 青さを知る仅仅知道碧空蓝色果てしなく 道は続いて见えるけれど虽然永无止境的道理看起来总在延续この両手は 光を抱ける这双手一定可以拥抱光明さよならのときの 静かな胸别离时平静的胸怀ゼロになるからだが 耳をすませる俯下一无所有的身体侧耳倾听生きている不思议 死んでいく不思议不可思议的存在不可思议的死亡花も风も街も みんなおなじ花风街道都一样呼んでいる 胸のどこか奥で心灵深处的某个地方一直在呼唤いつも何度でも 梦を描こう不论何时不管多少次去描绘梦想吧かなしみの数を 言い尽くすより与其尽数悲伤同じくちびるで そっとうたおう不如张开嘴轻轻地歌唱闭じていく思い出の そのなかにいつも走向尘封的回忆在那之中总是忘れたくない ささやきを闻く能听到不愿忘记的细语こなごなに砕かれた 镜の上にも即使是在被粉碎的镜子上新しい景色が 映される也会映出崭新的景色はじまりの朝の 静かな窓最初的清晨那宁静的窗口ゼロになるからだ 充たされてゆけ一无所有的身体被渐渐充实海の彼方には もう探さない不再追寻大海的彼端辉くものは いつもここに因为那闪光的东西一直就在这里わたしのなかに 见つけられたから在我心中被发现了

标签: 千与千寻 千と千尋の神隠し

脉冲杂谈

千与千寻人物分析之我所理解的-无脸男

阅读(270) 评论(0)

这次我们来聊聊《千与千寻》里的人物--无脸男话题得从小时候第一次看千与千寻说起:那时候我关注的重点是主角:获野千寻父母变成猪,她一个人没法回去,在陌生的环境,有点同情呢。那时候无脸男给我的感觉是:害怕!对没错,充满神秘和未知,变成什么都吃的样子,确实有点害怕,毕竟那时我还小,嘿嘿嘿,卖嫩一波,当然还有其他角色,都挺值得研究的,但这里就分析无脸男吧,也是最近回顾的给我感触最深的:无脸男,比较单纯的妖怪,全身半透明的黑,和令人害怕的面具,给人直觉是可怕ヽ(*。>Д<)o゜

标签: 千与千寻 千と千尋の神隠し